保育園の送り迎えに抱っこ紐。コンパクトに纏まるカバーがオススメ

保育園の送迎、どうしていますか?

月齢が低い子の送迎は抱っこ紐を使っているご家庭も多いのではないでしょうか?
抱っこ紐を使う時には抱っこ紐カバーがあると便利です。

抱っこ紐といえばエルゴ!
というか、我が家では抱っこ紐はエルゴしか使ったことがないので、エルゴ推しになってしまいます。

私は華奢な他のママとは違い(哀)がっちりしっかりした体型なので、旦那と共用でエルゴを使っていました。
私が着用しても違和感なし!ゴツさも感じない!(笑)
肩や腰への負担も少なく、体型にもあっていたのかな?と思います。

数ある抱っこ紐の中でもガッチリ目の作りのエルゴは、なかなか洗濯しにくいです。

洗うのも乾かすのも大変そうだけど、基本的に毎日使っていた我が家では
そもそも洗う時間なんてない!
状態でした。

そんな洗濯の煩わしさを軽減するために、抱っこ紐のカバーセットはあるととっても便利です。

スポンサーリンク

抱っこ紐のカバーセット

  • 肩紐カバー(ヨダレカバー)
  • 抱っこ紐スタイ(胸もとカバー)
  • 本体カバー

自作するにしても、ほぼ直線縫いなので、ミシンがなくても十分作れます。

手っ取り早く購入したい場合でも、肩紐カバーはお店でよく見かけますし、他2つはミンネに出品されていました。
(抱っこ紐カバーで検査してみてください)

肩紐カバー(ヨダレカバー)

エルゴの抱っこ紐だけでなく、色々なメーカーの抱っこ紐に装着しているのを見かけますよね。
ちょうど子供の顔〜口元にくる肩紐部分は絶好のおもちゃのようで、なめなめカジカジされます。

洗い変えも用意しておくと安心です。

一番簡単な作り方は、ハンドタオルを半分に折って、肩紐が回るところにファスナーテープを貼って縫い付ける。これで完成です。ハギレで両端をかわいく包んでも、全て100円均一で揃えれば左右合わせてもワンコイン(500円)!
肩紐カバー(ヨダレカバー)

抱っこ紐スタイ(胸もとカバー)

抱っこ紐の多くは赤ちゃんと向き合う形の抱っこで使うとタイプだと思います。
抱っこ紐から下ろすと、胸元にヨダレのシミが…なんてことはありませんか?ヨダレではなく、汗ジミの場合もありますが。

家に帰るだけ、ちょっと買い物に…くらいなら許容出来ても、これから出勤やお出かけ、という時に胸元のシミ……はフツーに困りますよね。(^^;;
しかも保育園への送迎となると、大抵は出勤と同時に送迎となると思います。

いくら可愛い我が子のモノとはいえ、ヨダレのシミは見過ごせません。

そこで登場。抱っこひもスタイ(笑)

抱っこ紐スタイ(胸もとカバー)

しかも我が家の場合は、ですが、朝の登園は旦那が担当してくれています。
旦那はスーツ出勤。
そして、クールビズ期間以外はネクタイも締めています。

ネクタイ。

スポンサーリンク

抱っこ紐スタイがなかったら息子の絶好のおもちゃです(笑)。好き放題させていたらヨダレでビチャビチャでしょう。

また、服装問題はさておき、夏場の抱っこ紐は大変です。
ただでさえ高い子供の体温。
あまり平熱の高くない私はともかく、暑がりの旦那+息子だと、どちらもしっとり汗ばんで……
そんな二人の間に布一枚でも挟めれば、体感温度はずいぶん違うようです。

ということで、後付けで抱っこ紐スタイに、接触冷感のマクラカバーを(子供用のマクラカバーが100均で売っていたので)取り付けました。

抱っこ紐スタイの暑さ対策
もちろん、接触冷感のおもて面が子供側です(笑)

抱っこ紐スタイは、保育園登園時に必須です。我が家では保育園入園が決まってから作りました。(無事に息子への入園祝いになりました(笑)

本体カバー

さて、朝の送迎が終わった後の抱っこ紐、どうしていますか?

息子が通う園では、個人のロッカーに入れさせてもらえます。
お迎えの時に、先生が洗濯物と一緒に登園バックに入れてくれるのです。

限りあるスペース。
少しでもコンパクトにまとめたいし、まとめてあった方が先生もラクにバッグに入れられます。
エルゴの抱っこ紐はガッチリした作りの分、多分他のメーカーの抱っこ紐よりかさばりますので、カバーでまとめてスッキリさせましょう。
ウエスト部分のベルトは装着したままでまとめる事も出来るので、お出かけ時の持ち歩きにもスマートです。

私作の抱っこ紐カバーはスナップの取り付けが甘かったらしく、後日ファスナー式を作りました。
ファスナー式だと、片側はベルトに通したまま外れないので更におすすめです。

本体カバー ファスナー式

まとめ

我が家も息子が0歳児クラスに通っていた時は、ずっと抱っこ紐で送迎していました。

子供と触れあえる大切な抱っこの時間のお供に、抱っこひもカバーがあると快適です。

作り方の記事はコチラからどうぞ。

まぁ、抱っこひも卒業の年度末には息子1歳8ヶ月。体重約12キロあったので、帰りに食材と息子を抱えて坂を登るのはとっても大変でした…

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました